平成30年度 小海分院 病院指標

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - - - - 15 51 111 301 190
 
当院は地域性もありますが70歳以上の患者が多く入院しております。
急性期から慢性期疾患、術後のリハビリ患者等の患者さんの治療をしております。
 

 

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 58 27.74 12.58 8.62 83.05  
160650xx99x0xx コンパートメント症候群 手術なし 手術・処置等2なし 44 55.25 23.86 13.64 84.34  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 46.43 20.92 14.29 86.98  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 26.83 17.66 0.00 86.43  
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア2 16 28.00 15.17 0.00 82.50  
当院は誤嚥性肺炎・市中肺炎・尿路感染疾患の治療を多く実施しております。
また、他医療施設からの転院後、リハビリ目的等で治療する方もおります。
 
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし - - 19.61 - -  
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし - - 2.67 - -  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 8.95 - -  
071030xx99xxxx その他の筋骨格系・結合組織の疾患 手術なし - - 9.58 - -  
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし - - 12.51 - -  
胸腰椎や股関節の骨折等に対し、リハビリをおこないながら治療をしております。  
 
 
 

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 -
大腸癌 - - - - - - 1 -
乳癌 - - - - - - 1 -
肺癌 - - - - - - 1 -
肝癌 - - - - - - 1 -

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

件数は少ないですが、慢性期のがんに対し痛みの緩和等を中心に治療をおこなっております。 
 
 
 

成人市中肺炎の重症度別患者数等

 
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 38 22.68 84.42
重症 19 34.53 88.42
超重症 - - -
不明 - - -
 
平均年齢も高いことから、中等症、重症度が高い傾向にあります。 
 
 
 

脳梗塞のICD10別患者数等

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 19 52.26 86.16 4.76
その他 - - - -
 
 急性期・慢性期の脳梗塞に対し、内科的治療や他院からの転院後リハビリ等を提供しております。
 
 

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

 
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
- - - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
主に内科的治療やリハビリが中心であるため、入院中に手術をおこなうことは非常に少ないです。
 
 
 

 

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
  
敗血症などで入院された場合も適切に治療させて頂きます。
 
 
 

更新履歴