分院長からのごあいさつ

小海診療所が開設した1954年に小海赤十字病院が開設し、半世紀を経た2003年4月に佐久病院小海分院に移管されました。
南佐久郡南部5カ町村からの多大なご支援のもと2005年7月に新築し、現在は自治体と協力しながら、小海診療所、国保診療所、老健こうみ、特養のべやまをはじめ近隣医療機関・福祉施設と連携し、『南部モデル』というべき医療・福祉・介護のネッワークの構築を推進しています。

南部地域は過疎化が進んでいますが、農業に従事する方々が多く、共同体意識も残り、人々の交わりも緊密です。
小海分院はその中核病院として、地域の皆様との交流を大切にして地域に密着し、佐久病院のグループ力を活かして地域のニーズに応える医療を展開していきます。

JA組織の病院として「協同組合」の精神を基本に職員が助け合いながら、いままで以上に「働きがい」があり「働きやすい」職場をつくることが必要と感じています。
これは地域医療の存続のための条件でもあり、地域の方のご理解やご協力もお願いしなければならないと考えています。
大切な農村地域でもある南佐久の暮らしがより安心で豊かなものとなるように、地域の皆さまと力を合わせて頑張りたいと思いますので、厳しくもあたたかく病院を見守っていただき、ご支援を賜ることができましたら幸いです。

佐久総合病院 小海分院
院長  由井 和也