低侵襲ロボット支援手術システム「ダヴィンチXi」導入

佐久医療センターに2022年3月20日導入しました

 長野県東信地区では初導入となり、地域の皆様に負担が少なく、より安全な治療を提供してまいります。

まずは泌尿器科の前立腺がん手術からはじめていきます。

今後対象となる手術を増やしていく予定です。

またダヴィンチ導入時の保険適応に制限がありますので、制限対象となる手術の場合はご説明してまいります。

ダヴィンチとは

ダヴィンチ・システム(Intuitive Surgical社製 da Vinci Surgical System)は腹腔鏡手術を支援する内視鏡下手術支援ロボットです。患者さんの体に開けた小さな創から、専用の内視鏡カメラとアームを挿入して手術を行います。医師がサージェンションコンソールと呼ばれる操作ボックスの中で内視鏡画像を見ながらロボットアームを操作して手術をします。医師は鮮明な視野で精緻な手術を行うことができます。

佐久医療センターが導入した「ダ・ヴィンチXi」は最新機種です。 

 

ダヴィンチの動画の紹介