周産期母子医療センター

特色

周産期母子医療センターは、「地域周産期母子医療センター」として産婦人科と小児科、および小児外科が力を合わせて、第1次~3次までの周産期医療を提供します。地域の妊婦さんの妊娠・出産を支えるとともに、問題を抱えた妊婦さんの診療を行います。また、問題を抱えた新生児を集中管理しています。

診療内容

周産期母子医療センターは、これまで佐久総合病院本院の産婦人科・小児科が行なってきた産科・周産期医療を拡充し、小児外科も加わり行なっていきます。一区画に機能的に病棟・分娩室・NICU設備を併設することで、文字通り周産期母子医療センターとして、より高度で重篤な疾患に対する医療を提供します。具体的には長野県東信地域の地域周産期母子医療センターとして、異常妊娠や異常分娩を担います。重症切迫早産・早産・多胎妊娠・合併症妊娠・妊娠合併症などの妊娠管理、周産期管理を行います。小児科との密接な連携だけでなく合併症妊娠など他の診療科との連携も図り、総合的な医療を行います。小児外科として関連する疾患・病気が認められた場合には、当院で手術を行うことができるようになりました。しかし、当院では対応困難な場合には、日本小児外科学会の教育関連施設の親施設である長野県立こども病院に搬送することで対応ができるようになっています。

外来での妊婦健診から異常妊娠管理を行うことはもとより、退院後の地域の医療機関や行政、福祉との連携もこれまで以上に進めていきます。妊娠28~30週以前の新生児管理は困難なので、長野県立こども病院や信州大学医学部附属病院と協力し、重症切迫早産症例に対する診療を行います。28週以前の症例のこども病院や信州大学附属病院への母体搬送や、32週以降になった症例の逆搬送など妊婦さんの診療を連携して行います。

周産期母子医療センターは、佐久地域の一般の正常分娩の受け入れ施設としての機能も継続します。佐久医療センターは紹介型施設ですので、紹介状がない場合には保険外療養費が請求されます。そこで地域の妊婦の皆さまが受診を希望される場合には、できる限り地域の産科医療施設からの紹介状を用意し予約をとっていただくようにお願いしています。

産科医療施設や周産期医療に従事する医師・助産師の不足状態は続いており、妊娠後期まで妊婦健診は地域の他の産科医療施設にお願いしています。そして、妊娠後半に当センターに紹介いただき、妊婦健診を継続し、分娩にのぞむような連携を地域で勧めています。ご理解をお願いいたします。

他に、当院の分娩室はLDR型の個室であり、陣痛から出産後までを移動することなくゆったりと過ごせます。産後は母児同室となり、母児の触れ合いを大切にし、自律的哺乳も進めています。今後も分娩制限を行う予定はなく、開かれた産科医療を続けます。最近は、悩みや心の問題を抱えた妊婦さんや褥婦さんが増えています。そういった方に対しても、妊娠中から専門医と連携し相談を受けられるよう態勢を整え、産後・退院後も含めて多職種で連携を行い、支えていけるよう力を入れています。

他施設で出産された異常新生児の診療も行います。出産された新生児に異常があった場合には、24時間周産期センターにご相談ください。

紹介時のお願い

24時間体制で異常を抱えた妊産婦さんの受け入れを行います。新生児(病児)も同様に受け入れを行います。緊急でない症例は佐久医療センターの外来予約をあらかじめお取りいただき、紹介状を持参し来院していただきます。緊急の症例は直接病院にご連絡ください。担当者が責任を持って対応し迅速な受け入れを進めます。ただし妊娠28週未満の分娩が迫っている症例は当センターで新生児管理ができません。その場合は、まず県立こども病院への問い合わせをお願いいたします。

一般の妊婦健診や分娩に関しては受け入れを継続します。妊娠初期から後期に至るまでの妊婦健診に関しては、できれば地域の他の施設にお願いしています。いつでも異常が生じた場合には、現在通院されている施設から当センターへ紹介をいただければ受け入れをいたします。異常症例に限らず帰省分娩や分娩希望の場合でも、電話予約を取っていただき、予約日までに紹介状を当院へご送付(FAX)いただくことをお願いいたします。当日の妊婦健診が速やかに進むためには、あらかじめ診療情報の整理が必要になります。