院長からのごあいさつ

佐久医療センターは、病院再構築事業により佐久総合病院から分割され、2014年3月1日に開院しました。「病院完結型医療」から「地域完結型医療」への転換という大きな流れの中で、東信地域の高度急性期医療を担ってきました。そして2015年に佐久医療圏で初めての「地域医療支援病院」の指定を受けました。以来地域住民の皆さまと近隣医療機関の御理解と御協力を頂き、予約・紹介型病院として定着することができたと思います。
敷地内にはいきいきの森や桜並木、遊歩道のある地域に開かれた病院です。主に急性期の専門医療を担当しますが、“農民とともに”の精神を忘れずに、地域住民のニーズを第一とする医療を今後も継承してゆきます。

 

佐久総合病院 佐久医療センター
院長 石毛 広雪