ペインクリニック科

  • 診療内容

    特色

    ペインクリニック科は痛みに対する専門性の高い診断・治療を行うため麻酔科から独立した部門です。長野県は平均寿命は常にトップクラスでありますが、健康で過ごせる時間の指標である「健康寿命」は意外にも全国平均程度です。この健康寿命に一番関与する疾患は、運動器疾患といわれ、なかでもそれら疾患に伴う「痛み」は健康寿命の短縮に大きくつながるものだと考えられます。私たちは、痛みの治療を介して「健康寿命」をより長くするためのお力添えができればと考えます。

    治療としては神経ブロック療法や痛みの性状に応じた薬物療法を行います。また、痛みが長期化した慢性痛の場合、不安や抑うつなどの心理的要因が痛みを強めることがあるため、お一人おひとりの症状やお困りごとについて、なるべく時間をかけてお話を伺うよう心がけております。

    痛みでお困りのことがございましたら、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

    診療内容

    ■神経ブロック療法

    注射による神経や神経周囲組織への治療薬である局所麻酔薬などの投与を行う方法です。炎症や圧迫などにより痛みに対して過敏になった神経の状態を改善させたり、痛みにより引き起こされた血行不良を改善させたりすることによって、痛みを軽減させることができる治療です。また、神経ブロック療法による改善の有無により、痛みの正確な部位診断にもつながります。
    施行にあたっては超音波診断装置やレントゲン透視下でより安全に正確に行うことを心がけております。また、高周波熱凝固装置を使用することによって、より長期の治療効果が期待できます。
     

    ■薬物療法

    痛みの種類には、大きく分けて侵害受容性疼痛(普段、私たちが感じる一般的な痛み、打撲や切り傷、頭痛など)と神経障害性疼痛(神経自体に問題があり生じる痛み)があり、痛み止めの薬もそれぞれのタイプに応じた薬があります。どのタイプの痛みなのか、正確に診断をし的確な薬を使うことが重要です。
     

  • 取り扱っている主な疾患

    ■痛みの疾患

    三叉神経痛、頭痛、頸肩腕症候群、肩関節周囲炎、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、変形性膝関節症、帯状疱疹関連痛、骨粗鬆症、がん性疼痛など
     

    ■痛み以外の疾患

    閉塞性動脈硬化症、バージャー病、突発性難聴、顔面神経麻痺、多汗症、眼瞼・顔面痙攣、アレルギー性鼻炎など
     

  • 実績

    2019年度実績(集計期間:2019年4月1日~2020年3月31日)

    患者数
    外来初診患者数 190
    新入院患者数 19

     

  • 医師紹介

      麻酔科

    • 部長 深澤 正之  (ふかさわ まさゆき)  卒年2003
      • 専門分野

        ・痛みの治療

      • 取得資格

        ・日本麻酔科学会 専門医
        ・日本ペインクリニック学会 専門医
        ・日本区域麻酔学会 暫定認定医
        ・ICD

      • 所属学会

        ・日本麻酔科学会
        ・日本ペインクリニック学会
        ・日本臨床麻酔学会
        ・日本区域麻酔学会
        ・日本慢性疼痛学会
        ・日本運動器疼痛学会
        ・日本腰痛学会
        ・日本サルコペニア・フレイル学会

    • 顧問 三島 済  (みしま わたる)  卒年1975
      • 専門分野

      • 取得資格

        ・日本麻酔科学会指導医
        ・日本ペインクリニック学会専門医

      • 所属学会

        ・日本麻酔科学会
        ・日本ペインクリニック学会

  • 紹介時のお願い

    撮像された画像データなどがございましたら紹介時にご提供をお願いいたします。