【がん検診・診断】PET検査(高機能診断センター)

がん診療における画像診断の進歩と役割

CT、MRI、PETなどの診断機器は近年急速に高度化しています。
当院においてもこれらの装置を導入して検査を行なっています。
画像診断はがんの診療に不可欠ですが、検査で得られる画像の種類や数量は増加し各診療科の医師がそれらの画像をくまなく評価することは困難になっています。
当院では「高機能診断センター」において、放射線診断専門医、診療放射線技師、看護師などのスタッフが安全かつ円滑に検査を実施し、画像診断を行なっています。
検査結果をもとに、がん診療に関わる各科の医師たちが専門的な立場から経験や知識を出し合ってディスカッションし、治療方針を立てます。
 

PET-CTのYouTube動画はこちら

PETの特徴と検査方法

CTやMRIと同様に、がんの診断に役立つ検査としてFDG-PET検査があります。
がん細胞は、ブドウ糖を多量に消費して増殖・転移します。
その特徴を利用し、ブドウ糖に放射性物質の目印を付けた検査薬(FDGという薬品)を注射して1時間後に全身の画像を撮ります。
この検査によって、糖代謝が旺盛ながん細胞を画像化して確認することができます。
 

PETは、次の診断の目的に用います

■病期の診断
がんの広がりの程度(病期)を診断します。

■良性と悪性の鑑別や悪性度の診断
高悪性度のがんは糖代謝が進んでいるため、FDGが高度に集積する傾向があります。

■治療効果の判定
抗がん剤や放射線治療の効果があると腫瘍細胞の糖代謝に低下が見られます。

■転移や再発の診断
転移や再発の有無を確認します。
 

PET検査の限界と欠点

PETは画像の分解能(測定の細かさの限界)が低いため、内視鏡で診断するような早期の胃がんや大腸がんなどは診断できません。
また、正常な状態でもFDGをたくさん取り込む脳や、FDGの排泄経路である腎臓や膀胱におけるがんの診断には適しません。
それらの部位のがんの診断には、MRIなど適切な検査を行います。
 

PET/CTがん検診を希望される方

PET/CTがん検診を希望される方は、以下の電話番号からお問い合わせいただくか、インターネットにてお申込みをお願いいたします。

TEL0267-88-7956 (直通)
 平日 9:00~16:30


インターネットからのお申込みはこちらから。