【痛み】専門外来での診察・治療(ペインクリニック科)

「痛み」とは?

「痛み」は、私たちの体に生じた不具合や危険を知らせてくれる大切な機能です。
通常は、痛みのもとであるケガや病気の治癒や、体に備え持つ痛みを抑える神経の働きにより、自然に改善します。

しかし、無理をしたり放置すると自然に改善する限界を超えてしまうため、痛みが長引き、その後の生活に支障を与えてしまう場合もあります。
足腰など運動器に関わる場合は、寝たきりなどにつながる可能性もあります。

また、長引く要因には、神経の問題とは別に、痛みに対する不安や恐怖の感情がさらに痛みの感じ方を強めてしまう心の問題もあるため、より複雑です。
 

ペインクリニック科

ペインクリニック科は、運動器(骨や筋肉、関節、神経など)の疾患に伴う痛みをはじめ、頭痛や帯状疱疹に関連した痛み、手術後の長引く痛みや原因不明の痛みなど、さまざまな「痛み」の診療に特化した専門の外来です。

ケガや手術に伴う痛みなど私たちがごく一般的に体験する「侵害受容性の痛み」、神経自体に障害が及んで起こる「神経障害性の痛み」に対応しており、痛みが長引くことを防ぎ、長引いた場合でも痛みを少なくするために、お一人おひとりにあわせた治療をします。

○ペインクリニック科で診療する症状や病気
<痛み> ぎっくり腰(急性腰痛症)、仙腸関節障害、帯状疱疹後神経痛、三叉神経痛、原因不明の顔面痛、腰部脊柱管狭窄症、がんの痛み、閉塞性動脈硬化症 他
<痛み以外> 顔面神経麻痺、血行障害(レイノー現象など)、自律神経失調症
 

痛みの治療方法

ペインクリニック科での主な治療方法は、①痛みを伝える神経の近くに局所麻酔薬を注射し痛みの伝わりを遮断する「神経ブロック」、②さまざまな薬(痛み止め)の調整「薬物療法」です。
長引く痛みを抱える方には心の問題も生じるため、時間をかけさまざまな訴えを傾聴すること、ご自身で行える生活改善のアドバイスなども行うようにしています。

一部の場合ですが、帯状疱疹後神経痛では脊髄を覆う硬膜の外側にある硬膜外腔に微弱な電気を流して痛みを鎮める「脊髄刺激療法」なども取り入れています。
 

 

ペインクリニック科を受診したい

神経ブロックや薬物療法によって必ずしもすべての痛みが治るわけではありませんが、痛みを和らげたり、うまく付き合っていくためのセルフケアを知ってもらったり、皆さんが日常生活を快適に過ごせるよう「痛みのケア」のお手伝いをできるかもしれません。

活動性を向上させたりマイナスの感情を改善させることで痛みが少なくなるなど、よい循環が生まれることも考えられます。
痛みで困ったときには一人で悩まず、ペインクリニック科を利用してみてください。

■ペインクリニック科外来
場  所:佐久総合病院(本院)
日  時:月曜日~木曜日 午前、第2・4・5金曜日 午前
受付時間:8時30分~11時00分